MacBook Air 用の外付け Super Drive を MacBook Pro でも使えるようにする

MacBook Pro の Optical スロットを取り外して、2nd ディスクを使うようにしていますが、CD を読む必要が出てきてしまい、困った事が事の発端。

MacBook Air 用に買っていた USB Super Drive があるので、それを使えばいいかと安易に思っていたら、すぐには認識してくれない模様。 どうすればいいのやら?と調べてみたらわかりました。

/Library/Preferences/SystemConfiguration/com.apple.Boot.plist の Kernel Flags に mbasd=1 を加えてあげればいいんですね。

手順

  1. ターミナルを起動
  2. sudo で vi を起動し、plist を編集

    sudo vi /Library/Preferences/SystemConfiguration/com.apple.Boot.plist

  3. Kernel Flags に mbasd=1 を追加

    <?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>
    <!DOCTYPE plist PUBLIC “-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN” "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
    <plist version=”1.0″>
    <dict>
    <key>Kernel Flags</key>
    <string>mbasd=1</string>
    </dict>
    </plist>

  4. Mac を再起動

これで、SuperDrive を MacBook Pro でも使えるようになります。

参考

Luz’s blog – How to make the MacBook Air SuperDrive work with any Mac

Use the MacBook Air SuperDrive with (almost) any Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。