iOS シミュレータをスタンドアロンで利用する

Mac の Xcode には iOS シミュレータが搭載されていて、iOS アプリ開発の時に役立つだけでなく、外部の iPhone/iPod サイト (iOS 対応サイト) を閲覧する時にも役立ちます。

開発者だけでなく、デモをする立場の人でも使えますね。

ということで、開発者以外がセットアップして、起動するための手順をまとめてみます。

iOS_Simulator

 

まずは、Xcode がないとはじまらないので、App Store から Xcode をインストールします。

  1. App Store を立ち上げて、xcode とタイプして検索すると早いです。四角枠内のアイコンから Xcode をインストールします。
    Xcode Install from App Store
  2. インストールが完了したら、iOS Simulator の起動です。ただ、その起動アプリケーションは Xcode.app の中に入っているのでまずは、アプリケーションにある Xcode にて「パッケージの内容を表示」を選択します。
    Xcode View Package
  3. パッケージの内容を表示したら、/Contents/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications を展開します。iOSシミュレータが表示されますので、これを起動します。
    iOS Simulator

これだけです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。