micro SD に RPi のブータブルイメージを書き込む

ダウンロードしてきた Raspberry Pi 用のブータブル OS を書き込む場合、ここにある手順にしたがって書き込むことが可能。

Mac の場合、SD Formatter などのサードパーティソリューションは不要。

RPi に使う micro SD を Mac に Card Reader もしくは USB リーダー経由で挿入し、以下の手順で処理。なお、micro SD は FAT32 形式にてフォーマットしておくこと。

前提

  • micro SD カードは FAT32 形式にてフォーマット済み
  • ブータブル OS は .img 形式で準備済み

 

手順 – UI

  1. Apple Menu > About This Mac
    pasted_image_12_21_16__10_30
  2. System Report… をクリック
  3. Card Reader もしくは USB を選択し、BSD Name を確認。以下の例の場合、disk2 となるので 2 をメモしておくこと。
    pasted_image_12_21_16__10_33
  4. Disk Utility を起動し、micro SD ディスクを確認。ここでも Device セクションにて番号を確認することが可能(例: disk2s1)。micro SD は挿入した状態のままマウント解除(Unmount)を押下。
    Pasted_Image_12_21_16__10_40.png
  5. ターミナルを立ち上げて、以下のコマンドにて .img ファイルを書き込み。赤字部分は準備している .img ファイルおよびディスク番号に合わせて変更すること。

    sudo dd bs=1m if=YOUR_RASPBERRY_PI.img of=/dev/rdiskN

手順 – コマンドライン

  1. micro SD カードを Mac に挿入
  2. diskutil コマンドで認識されたドライブを確認

    diskutil list

  3. ディスクサイズやフォーマットなどの情報から SD カードのドライブ番号を確認

    /dev/disk2 (internal, physical):

       #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER

       0:     FDisk_partition_scheme                        *15.5 GB    disk2

       1:             Windows_FAT_16 boot                    59.8 MB    disk2s1

       2:                      Linux                         3.9 GB     disk2s2

  4. ディスクを diskutil コマンドにてマウント解除(unmount)。赤字の部分は環境に合わせて変更すること。

    diskutil unmountDisk /dev/diskN

  5. 手順 – UI の 5 を実行

 

参照

Raspberry Pi – INSTALLING OPERATING SYSTEM IMAGES

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。