MacOS Big Sur上のTechSmith CamtasiaとSnagitのシステム音声キャプチャ設定

(解決策を知りたい方は本記事の最後に移動してください)

MacOSをBig Sur 11にしてから、いくつか稼働していたアプリに不具合が出始めました。TechSmithのCamtasiaとSnagitもそのうちのソフト。特にシステム音声キャプチャができない、インストールができない、設定ができないというのが大きな問題として直面。

一つ前のMacOSバージョンCatalinaの時はSnagitは2019を使っていて問題なく使えていましたが、Big Surにアップデートしてからそもそもキャプチャできなくなった、というのが一番最初の問題。

公式サイトをみる限りSnagit 2019はBig Sur対応しているんですけどね。

それに直面してから、まずはソフトウェアのアップデートということで以下を対応。

ソフトウェアアップデート

  • Snagit 2019 → Snagit 2021
  • Camtasia 2019 → Camtasia 2020

今のシステムはJamfを使っているので、それでアンインストール→インストールで処理。通常の環境の場合にもアンインストール→インストール、もしくは上書きで対応できるかと思います。

システム音声プラグインインストール

Snagit 2021、Camtasia 2020ともにPreferenceからSystem Audioプラグインのインストールができるようになっているんですが、どちらも失敗するもしくはインストールされているように認識されているけれど動作しない状態。

Recordingダイアログ
Install Failed

解決策

公式サイトのSystem Audio Capture Component (TechSmith System Audio Installer.app.zip)をインストールすることで解決

1. MacOS 11 Big Sur and the TechSmith System Audio Capture Component [TechSmith] を参照し、ソフトウェアをダウンロード

2. ソフトウェアをインストール

3. ダイアログに従い、必要に応じてMacOSの再起動

4. TechSmith System Audio Installer上はインストール済みのバージョンが表示される

TechSmith System Audio Installer

5. Snagit、CamtasiaのPreferenceにてSystem Audioが有効になっているかどうかを確認、もしくは有効化

参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。