Mac版マイクロソフトOneDriveを深夜だけ稼働させるようにする

マイクロソフトOneDriveっていう子は本当にやんちゃで、めちゃめちゃ要求するんですよね。他のアプリの動作に影響するくらいガンガンCPU喰いまくるので日中はファンが回りっぱなしだしうるさい。最新版のM1チップMacだともしかしたら改善されているのかもしれないけど、端末買い替えはできないので苦肉の策を。

深夜だけOneDriveを稼働

全然大したことしてません。深夜に起動して、朝の4時以降に停止するというcronjobを設定するだけです。

1. crontabを開く

crontab -e

2. 以下の内容を設定

0 23 * * * open /Applications/OneDrive.app
0 4-12 * * * osascript -e 'quit app "OneDrive"'

3. 以上

停止ジョブ

4時に終了するだけでもいいんですがMacが完全にスリープしていたりするとジョブが実行されなかったりするので、バッファーでお昼の12時まで (長っ!) 毎時動くようにしています。

きっともっとエレガントなやり方があるだろうけれど、適当なこれで間に合ってるので良しということで。

で、OneDriveって常時動いてないとあまりメリットないよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。