AWSのReactチュートリアルのBackendビルドエラーを修正する

AWSのBuild a Full-Stack React Applicationというチュートリアルの最後の手順、CI/CDの自動ビルドはそのまま実行するとエラーになる。Amplify CLIをlatestに設定し、必要なRole設定を加えることで修正することが可能。それについて説明する。

Build a Full-Stack React Application

https://aws.amazon.com/getting-started/hands-on/build-react-app-amplify-graphql/module-three/

ビルドエラー

まずそのままCI/CDでの自動Buildを走らせると以下のエラーになる。

幸い、ここのディスカッションにて原因と対策が記載されている。

https://github.com/aws-amplify/amplify-cli/issues/6117

具体的に対応しなければならないのは2点

  1. Amplify CLIを最新版 (latest) と明示すること
  2. Role権限を設定すること

Amplify CLIを最新版にする

1. Amplify ConsoleのApp settings>Build settingsの最下部にあるBuild image settingsをEdit

2. Amplify CLIを追加

3. Amplify CLI = latestが追加されたことを確認

4. (オプション) ここでDeploy & Buildを再実行しると次のRole権限不足のエラーが出る

Role権限の追加

以下の手順でRoleを追加する。なお、手前の手順でビルドエラーを確認した場合、エラーに表示された [Fix this] ボタンをクリックしても同じ手順になる。

1. AWS Amplify ConsoleのApp settings > Generalに移動し、Create new roleをクリック

2. WizardにそってIAMにてRoleを作成

4. 追加したRoleを選択し、Saveにて保存

再度Deployment & Buildの実行

これでModule 3は完了。さて、Module 4に進みますよ。

関連文書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。