指定した通貨の年末為替レートをtreasury.govのAPIから取得するカスタムGoogle Function EXCHANGERATE()

毎年のTax Return処理中にTreasury.govにて為替レートを参照している。例えば2020年のTREASURY REPORTING RATES OF EXCHANGEはこのPDFを参照すると確認できる。日本円は103.08ということがわかる。

Treasury.govオンラインでデータ参照

2021年のも確認しよう、と調べたところTreasury.govの様子が違う。PDFでダウンロードをする形式ではなく日付を指定してフィルターしたり、CSV、JSON、XMLなどでダウンロードしたりする「データ」を扱うサイトになっていた。例えば、日本円を調べたい場合には、Customで日付を年末に設定し、ページを移動してJapan Yenが表示されているところを見れば良い。

Treasury Reporting Rates of Exchange

Treasury.govには公開APIも用意されている!

そしてこのサイト、Public APIも用意されていて簡単にクエリーしてデータを取得することができる。こんなシンプルなGETリクエストを投げるとデータが帰ってくるのである。

https://api.fiscaldata.treasury.gov/services/api/fiscal_service/v1/accounting/od/rates_of_exchange?fields=country_currency_desc,exchange_rate,record_date&filter=country_currency_desc:in:(Japan-Yen),record_date:eq:2021-12-31

となったら、これを呼び出すシンプルなカスタムGoogle Function書いちゃえばGoogle Sheetで直接使えちゃって都度サイトで調べる必要がなくなる、と。

App ScriptをGoogle Sheetに追加

Google Sheets > Extensions > Apps Scriptを選択し、コードを保存。

その後はGoogle Sheetsの中で関数を使うだけ。セルに国名、通貨名、年を入れてそれらを指定すれば 複数通貨、複数年に対応した表も簡単に作れるかと。

=EXCHANGERATE(country, currency, year)

さて、これで整理したいデータの管理がしやすくなったよ。

ソース

カスタムファンクションのソースはこちらからどうぞ

https://github.com/takarocks/gsTreasuryGovExchangeRate/blob/main/gsExchangeRate.js

参照

関連文書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。