AWSのReactチュートリアルで使うAWS Amplify認証サービスを修正する

AWSのBuild a Full-Stack React Applicationというチュートリアルのモジュール3にてAWS Amplifyの認証サービスを使用するがサンプルがそのままでは動作しない。最新バージョンとチュートリアルに違いがあり、App.jsを修正する必要がある。それについて説明する。

Build a Full-Stack React Application

https://aws.amazon.com/getting-started/hands-on/build-react-app-amplify-graphql/module-three/

コンパイルエラー

モジュール3で認証サービス (Authentication Service) をAWS Amplifyを使って設定するのだが、チュートリアルサンプルがそのままでは動作しない。

コンパイルエラー

どうやら@aws-amplify/ui-reactのバージョンがアップデートされたためか、AmplifySignOutが見つからずエラーになっている模様で、おそらく当初チュートリアルが作られた時よりもバージョンが変わっているものと思われる。

ということで参考にするべきは最新版のドキュメント

Amplify UI – Authenticator

https://ui.docs.amplify.aws/components/authenticator

src/App.jsを修正


新しいバージョンで動作するサンプルは以下

import React from 'react';
import logo from './logo.svg';
import './App.css';
import { Authenticator } from '@aws-amplify/ui-react';
import '@aws-amplify/ui-react/styles.css';

export default function App() {
  return (
    <Authenticator>
    {({ signOut, user }) => (
    <div className="App">
      <header>
        <img src={logo} className="App-logo" alt="logo" />
        <h1>Hi {user.username}! We now have Auth!</h1>
      </header>
      <button onClick={signOut} class="amplify-button" data-variation="primary" type="submit">Sign out</button>
    </div>
    )}
    </Authenticator>
  );
}

以下のように認証画面が表示される

さて、チュートリアルを先に進めよう。

関連文書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。